HOME  > 新着情報  > 法改正情報  > がん治療と仕事の両立 64.5%の人が「困難」と回答
アーカイブ | RSS |
法改正情報

がん治療と仕事の両立 64.5%の人が「困難」と回答

投稿日時: 2017-02-06 (95 ヒット)
内閣府が「がん対策に関する世論調査」の結果を発表し、がんの治療や検査で2週間に1回程度通院しながら働くことが難しいと考えている人が64.5%に上ることがわかった。困難な理由は「代わりに仕事をする人がいない、いても頼みにくい」(21.7%)、「職場が休むことを許してくれるかわからない」(21.3%)が上位を占めた。

印刷用ページ