HOME  > 新着情報  > トピックス  > 「親会社の責任は状況次第」セクハラで最高裁
アーカイブ | RSS |
トピックス

「親会社の責任は状況次第」セクハラで最高裁

投稿日時: 2018-02-19 (190 ヒット)
グループ会社で発生した従業員間のセクハラについて、被害の相談を受けた親会社に責任があるかが争われた訴訟の判決で、最高裁判所は被害女性側の訴えを退けた。親会社の責任について「相談時の具体的状況や窓口の体制によっては適切に対応すべき信義則上の義務を負う」とし、今回のケースでは親会社の責任を認めなかった。

印刷用ページ