HOME  > 新着情報  > 法改正情報  > 「老老介護」が過去最多59.7%〜75歳以上どうしも増加
アーカイブ | RSS |
法改正情報

「老老介護」が過去最多59.7%〜75歳以上どうしも増加

投稿日時: 2020-07-27 (31 ヒット)
同居する家族・親族が自宅で介護を行う世帯のうち、「老老介護」に該当するケース(介護を受ける人と介護者がともに65歳以上)が59.7%を占めることが、厚生労働省の2019年国民生活基礎調査で明らかになった。ともに75歳以上の割合も33.1%で、いずれも01年の調査開始以来最多。今後も増加が見込まれることを踏まえ、同省は、「必要な介護サービスが提供されるよう、引き続き人材確保を進めるなど環境を整えていきたい」としている。

印刷用ページ