HOME  > 新着情報  > トピックス  > 昨年度の有効求人倍率は1.29倍 3年ぶりに低下
アーカイブ | RSS |
トピックス

昨年度の有効求人倍率は1.29倍 3年ぶりに低下

投稿日時: 2024-05-07 (51 ヒット)
厚生労働省の30日の発表によると、2023年の有効求人倍率(季節調整値)は1.29倍(前年度比0.02ポイント減)で3年ぶりに前年を下回った。コロナ禍後に増加した宿泊業や飲食サービス業の求人が減少し、原材料の高騰の影響で製造業や建設業も求人が少なかった。月平均では、有効求人数は約247万人(同1.6%減)で、有効求職者数は約192万人(同0.1%増)だった。

印刷用ページ