HOME  > 新着情報  > トピックス  > 勤務医の残業上限規制の枠組みまとまる
アーカイブ | RSS |
トピックス

勤務医の残業上限規制の枠組みまとまる

投稿日時: 2019-04-01 (20 ヒット)
厚生労働省は、地域医療を担う病院の勤務医、研修医らの残業時間の上限を特例として、「年1860時間(休日労働含む)」と決めた。一般の医師の上限は原則「年960時間」とし、休日労働を含めた一般労働者と同じ長さとなる。また、連続勤務は28時間までに制限するなどを病院側に義務付ける。2024年4月から適用される。

印刷用ページ